自己破産(じこはさん)とは何か?自己破産って聞いたことありますよね?債務整理の中でなんだかとても嫌なイメージです。借金地獄に陥ったひとの結末といったイメージでしょうか?そうです、経済的に破たんして、毎月の借金が払えなくなってしまいもうどうしようもない状態の人が、任意整理、特定調停、民事再生などの自己破産以外の債務整理によっても借金解決する見込みがなく、先が見えなくなってしまった場合に自己破産の申し立てをすることを言います。
しかし、自己破産するしか方法がない場合は、債務者にとっての唯一の債務整理の救済処置なのです。もちろん誰しもが自己破産して借金を帳消しにできるわけではありません。裁判所がどうしようもないと認めたひとだけです。自己破産を行う人は、裁判所がこの債務者はもう借金を返せる見込みがないと判断した人しか自己破産は行えません。自己破産をすると借金の返済はなくなります。肩の荷がおりて、すがすがしい気持ちになるかもしれません。しかし代わりに多くのものを失うことにもなります。マイホームをもっている人は財産として取り上げられます。その人からとれる金銭的価値のあるものは全て取ります。車、貴金属や宝石、現金等、全てです。一戸建ては手放すのですが、もともと賃貸にすんでいたのならば、家を追い出されることはありません。また、家財道具などは対象外なので取られません。ですので最低限の生活はすることができるでしょう。そして裁判所へとりあげられた家、土地などが売却されて、債権者すべてへ公平に分配されます。債権者側からすれば、貸したお金が全額返ってこない訳ですから、なるべく自己破産はしてほしくないところです。自己破産者にとっては、これを期に人生の立て直しを図って、再スタートしていただきたいものです。

自己破産申立の流れを説明します。
申し立ては申立者の住所を管轄する地方裁判所へ申請します。その時点で債権業者の取り立ては停止されます。
裁判官によって支払い不能かどうかの審議をうけます。破産審尋。免責の審尋。1〜2ヵ月後に決定します。官報に公告されます。

裁判官から免責不許可事由に該当しないか審議をうけます。免責の確定がされます。免責がおりて債務が無くなります。

Valuable information

Last update:2017/4/6